計画性なし!が定番。

昼休みによく夕飯のメニューを考えるのですが

決まらない時は帰りの電車の中で考えます。

それでも決まらない時は開き直って家につくまで考えません。(笑)

帰ってから鞄を置いてすぐに料理をスタートさせていた頃もありましたが

最近は、5分、10分は意識して休むようにしています。

麦茶を温めて飲んだり、おせんべいを1枚食べたり。(笑)

そうしているうちに、あぁ、魚を焼けばいいか、とか

炊き込みごはんと、具沢山の汁物だけでいいや~、とか、なんらかの解決策が浮かんできます。

そして、それに手をつけているうちにもう一品、あれを作ればいいか!

と、時間とおかずのバランスを見て付け足すこともよくあります。

そんな具合に、私の料理はまるで計画性がない。

あらかじめ決めるのはだいたいのメニューだけ。

その場で変わることもしょっちゅうあります。時間があればプラス一品、

時間がなければ、調理の工程を省いたり、ひとつの料理に素材を沢山放り込んだり(笑)

丁寧な料理とは対極にありますが、「帳尻合わせ」がとても得意です。

昨晩は「ザ!和食」でした。焼き魚、小松菜とあげのあっさり煮、湯豆腐、お味噌汁。

タイガートラウト(鮭)を焼いている間に、小松菜とあげのあっさり煮を作り、

同時進行で切干、わかめ、細切り高野豆腐、白菜入りのお味噌汁を。
(白菜以外は全部乾物なので切る必要なし!)

もう一品作れそうな時間があったので小さなお鍋(ミルクパン)を使って

プチ湯豆腐。このプチ湯豆腐は困った時の一品でよく作ります。

水に昆布を一枚。かつお節を少々パラリ、そこに手で大き目に割った豆腐(包丁で切りません)

白菜、しいたけカットして加えて火にかけておくだけ。

簡単!美味しい!それなりに見える!(笑)最高です♪

つけダレは、ポン酢にかつおぶし少々、七味をパラリ。これが定番。

具を食べ終わった後、湯豆腐のお出汁をつけダレに入れて

ポン酢風味のお吸い物として頂くと美味しいですよ♪

ちなみに、湯豆腐は師匠帰宅のタイミングで火を入れて温め、

同時に8割焼きの状態で留めておいた魚の仕上げ焼きをします。

そすると、どちらも出来立ての熱々を出せます。

正式な調理法としてどうかはわかりませんが、

常識にとらわれない私なりのアイデアです。(笑)




c0232252_1548980.jpg

全く関係ないけれど、思い出したので載せました。(笑)函館、津軽海峡が一望できるカフェのケーキプレート。実はアイスがあまり得意ではなく、ケーキ食べたさに頼んだのですが、ケーキよりアイスのほうが美味しかった!(笑)マーブル模様はキャラメルです。濃厚なミルクにキャラメルが合う!このアイスは別格でした!
[PR]
by zakkanobrass | 2015-02-25 15:51 | ヘナチョコ日記(日々徒然)

台東区小島の小さな雑貨店


by zakkanobrass
プロフィールを見る
画像一覧