「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

金時山 足柄ルート

金時山の足柄ルートの師匠撮影データを頂きましたので

写真でちょいちょいっと振り返ります。




c0232252_1612869.jpg

足柄ゲート前からスタート!入山は8時頃・・・だったと思う。







c0232252_16133233.jpg

スタートしてしばらくは歩きやすい道が続く。いいねいいね。で、この先、すこし登りに角度がついてきて少々頑張る。






c0232252_16135935.jpg

と・・・・こんな富士山がしっかり見える休憩スポットに到着!これはいい!






c0232252_16152787.jpg

こんなに晴れてるよ!の証拠写真を確保。






c0232252_16162141.jpg

そして、また地道に歩く。そこまできつい道ではないのでまだ大丈夫。遠くに見えるのが金時の山頂!





c0232252_16165661.jpg

あった!目印の鳥居。ここをくぐると少しずつ厳しい登りになってくる。頑張ろう!






c0232252_16175247.jpg

はしごと階段の連続の洗礼を受け、かなり疲れている。





c0232252_16183752.jpg

終わったと思うとほら・・・・また階段。思わず空を仰ぐ。(笑)





c0232252_16191458.jpg

先に登っている師匠。「ペース早いんじゃない?」と苦笑いで返した1枚。




c0232252_16202855.jpg

ここからも富士山がきれいに見える。ここで少しだけ休憩。パワーチャージ!





c0232252_16213860.jpg

最後の急登はかなりきつかったけど、はい!山頂!師匠のカメラで撮影してあげた(恩着せがましい)





c0232252_16232421.jpg

自分も撮ってもらう。なんだかすごい格好。(笑)ま、いいか。きつかったけどなかなか良いルートだ。




c0232252_16245558.jpg

山頂でランチをした場所に咲いていた花。




c0232252_16252597.jpg

ランチが終わったら早々に下って参りまして、行きに通った鳥居。師匠を撮影。




c0232252_16262523.jpg

途中にある標識。金太郎付き。(笑)木の箱には飴が入っていたらしい(師匠談)




c0232252_16272378.jpg

時々この花を見かけた。かわいい。そして、無事下山。

お手洗い休憩をとるために少し移動。すると・・・・興味深いもの発見!







c0232252_16332141.jpg

これはやるでしょ!こういうの大好物!金太郎が私。くまが師匠。ちなみに誰もいないのでセルフタイマーで。





c0232252_16341055.jpg

ついでに城跡の広場まで移動してコーヒーとお菓子を食べた。ここ、すごいいいところだ!広い!サングラス活躍の快晴!足柄ルートの定番コースとして城跡広場を加えよう!

温泉には寄れなかったけど、ここでまったり出来たので良し!足柄ルートなかなか良かったぞ!


足柄ルートネタ。おしまい。
[PR]
by zakkanobrass | 2015-10-28 16:36 | ヘナチョコ日記(日々徒然) | Comments(2)

山で体内調整?

秋になったら玉城家、少し山モードになってきました。

やはり暑い間はあかん!!

夏場は無理せず、いろいろさぼっておくほうがいいのです。(笑)

ずいぶん長引いている顔のアレルギーも富山旅から帰ってきたら少々良くなっていて

なんてまあ・・・わかりやすい人だこと・・・。

自然界に触れて、好き勝手やっていると体内が調整されるようです。

自分のことながら単純すぎてウケるなー。

以前にもずいぶんと悩んでいたかゆみのある小さなイボのようなもの。

山へ行った帰りの温泉で、何の前触れもなくポロッと取れたことがあるんです。

いやー、焦った焦った!なんとなく触ったらないんだもの!!

鏡を見たらきれいさっぱりなくなっていて、それ以来再発もしていません。

いやー、山効果すごい!

森林歩きや山歩きでは精神面のセラピー効果が実証されていますけど

これも極端ですが、そういうものの一例ってことでしょうか。

やはり日常を離れて自然に身を置く時間をとることは私にとって

全てのバランスを調整するために必要だなと・・・実感しちゃいますね。

そんなこんなで先週は、いつもの金時山へ、久々に行ってきました。

あれだけ通っていて一度も行ったことがない足柄ルート。

「足柄はきついよ!」という噂を聞いていたので、聞こえないふりをしてきましたが

「金時に通っている人間として、いつかは行っておかねば!」と師匠が言うもので(笑)

勇気を出して行きました。

最後の三分の一は階段とはしごの連続で、本当に「きつい」の一言。

ただ、途中で富士山が山頂よりきれいに見える場所があるので

モチベーションが保てます。たぶん。(笑)←ちびっこも頑張って登っていたから大丈夫!

ルートとしてはピストンなので、行った道を帰りますが、

登りの地獄を経験しているからか帰りはなんだかすごく楽!(笑)

個人的にはけっこう好きかもしれない。

ただ、最後の急登で汗のかき方が半端じゃないルートなので

体温調節が難しい部分をクリア出来れば最高ですね。

また今度、写真を少しアップしようと思います。
[PR]
by zakkanobrass | 2015-10-22 16:07 | ヘナチョコ日記(日々徒然) | Comments(0)

何年ごしかで本丸へ

ご存じの通り、時間軸の記憶力が著しく悪い私。

何年ごしかはわかりませんが(笑)←あえて調べることもしない。

ようやっと本丸の西沢渓谷へ行って参りました。

山はまったくの初心者だったので靴ならしも兼ねて山歩きの練習をしなくては・・・

と、せっせと近場の山に足を運ぶうち、本来行くはずの本丸を忘れ

山歩きそのものに集中しておりました(笑)

そもそもはセラピー基地に指定されている西沢渓谷を歩いて癒されよう!

というのが目的だったんですけれどねー。

まあ、細かいことは置いておくにせよ。セラピー基地に指定されているだけあって

本当にその渓谷の美しさ、森林の懐の深さは素晴らしかったです!

これは実際行ってみて、体感してこそのセラピーなのだなと強く思いました。

間違いなく、この山歩き史上で1位じゃないかなー。私が渓谷好きということもあるけれど。

では、私撮影の少ない写真で少し振り返ります。






c0232252_10323364.jpg

良く晴れているように見えるけど、実はけっこうな雨。(笑)レインウエアがっつり。フードの上にハット(笑)







c0232252_103425.jpg

くぼみで雨宿り?いや・・・違う・・・・お地蔵さんになってしまった師匠。






c0232252_10353718.jpg

西沢渓谷は滝が沢山見られて歩く人が飽きないのも人気の秘訣。少しだけ紅葉し始めていた。






c0232252_1037184.jpg

渓谷沿いを歩くのは気持ち良い。なにより水が綺麗!このへんは道が細いもののまだ歩きやすい。






c0232252_10381270.jpg

ついつい足を止めてぼーっとしてしまう。







c0232252_10383664.jpg

雨の中でも師匠は撮影に大忙し。大変だね。






c0232252_10393100.jpg

とにかく美しいので普段写真を撮らない私もついつい撮影。






c0232252_10403738.jpg

流れの側まで下りて行けるところもある。すかさず師匠も自然に返る。(笑)






c0232252_1041451.jpg

いや、はしゃいでいた(笑)






c0232252_1042164.jpg

渓流沿いの気持ち良い山歩きは最高。







c0232252_10432088.jpg

途中にちょっとした鎖場。補助的なものなのでそこまで危険ではないけれど荒々しい道も時々。







c0232252_1043568.jpg

やっぱり無視できない。(笑)雨が少し優しくなってきた。






c0232252_10452392.jpg

雨で濡れた岩は滑るので慎重に歩く。






c0232252_10455678.jpg

メインの滝、七ツ釜五段の滝。これは本当に見事!美しかった!しばらく足をとめて見入ってしまった。






c0232252_10464065.jpg

そして、やっぱり師匠もここでの撮影が一番長かった(笑)


こんな具合の西沢渓谷。

三連休の中日で雨だったけれど、人はけっこういました。

どうやら皆さんは紅葉目的だったみたいですが、まだ四割ぐらい。

きっと今週末は人でえらい騒ぎになっていると思われます。

次回は師匠の写真でまた振り返ることにします!
[PR]
by zakkanobrass | 2015-10-21 15:00 | ヘナチョコ日記(日々徒然) | Comments(0)

富山旅 備忘録⑥

三日目の朝。

しっかりワインを飲んだせいかちょっとぼけーっとしておりましたが

ちゃんと起きて朝風呂。(笑)いや~、朝風呂最高最高!!って言っちゃう。

完全におじさん。(笑)

ホテルのバイキングで軽めの朝食をとったら部屋に戻りのんびり帰りのパッキングをしてチェックアウト。


風任せの三日目がスタートでございます。

まずは市電で富山城の近くまで行ってぷらぷら散策。天気が良すぎて暑いっ!!

山のサングラス、ハット、グローブ装着で2人して怪しい身なりで街を歩く。

お城からほど近い場所に師匠も喜びそうなお店があるのをチェックしてあったので行ってみた。




c0232252_10162380.jpg

決して強盗ではありません。(笑)私です。ここがその店。石谷もちやさん。お目当ての団子がある。






c0232252_10175856.jpg

あやめ団子。本葛、水、黒糖でねりあげたあんをからめたお団子。みたらしとは全く違う深い味わいで美味!
一本でも店内で食べられるのが嬉しい。お茶も頂けた。

黒糖にも団子にも目がない師匠も絶賛!(笑)毎日お店できちんとお団子を焼いて作っている。

もうひとつ行きたかった場所。「きっときと市場」鮮魚のある商業施設。

直行バス(ぶりかにバス)が駅から出ているので駅に戻り、バスに乗って・・・・






c0232252_1020558.jpg

到着!なんと、乗客は我々と1人の男性のみ。三人で貸し切りバス!おそるべし「ぶりかにバス」&平日。






c0232252_10292012.jpg

中はこんな具合。お魚屋さんとお土産屋さんと飲食店が入り混じったようなところ。にぎにぎしい。ここは観光バスがけっこう来ていてツアー客が立ち寄るので平日でも賑わっていた。







c0232252_10305523.jpg

地魚がいろいろ売っている。師匠も興味深々。ぐるぐる見て回る。だいぶ早めのランチ作戦。

ここでは好きな魚を買って、好きな調理法で調理してもらうことが出来る。(調理法によって値段が変わる)

ごはんとお味噌汁もあって好きな魚とセットで定食風にすることも可能。






c0232252_10352376.jpg

幻魚(げんげ)発見!!師匠はすかさずげんげを買い「げんげ汁」を注文。

さらに、せっかくなのでお刺身も食べよう!ということで、「ふくらぎ」と呼ばれるいわゆる「ぶりの子供」を一本買い、お刺身にしてもらうことにした。








c0232252_1048438.jpg

待ちきれない様子の師匠。(笑) 同じく私も落ち着きなく・・・・






c0232252_10492752.jpg

来た!!ふくらぎの刺身!この刺身のエッジを見ればきときと具合がわかる!こりゃ・・・間違いないよ。
しょうゆに身を付けるとサッとあぶらの膜が小気味良くひろがる。程よい脂の乗りで旨し!




c0232252_11918100.jpg

げんげ汁はまさかのおすまし!想像と違った!師匠ドキドキの初げんげ汁。





c0232252_11101141.jpg

このげんげのぷるぷるとしたゼラチン質信じられないぐらいすごい!箸が透ける透明感!(笑)
見た目はすごいけど、さっぱりとして優しい味。なかなか美味しい。

骨やひれに気をつけながら身のゼラチンをちゅるちゅるーーーっとすすりながら頂く。

白身もほこっと柔らかい。2人でシェアしながら瞬く間にどちらも完食。

美味しい物を食べた幸福感をたっぷりと味わってしばらくイートインスペースでのんびり。



ここから富山駅方面に戻って、飛行機の時間までのんびりしときますかねー。

と・・・・きっときと市場をあとにして、師匠の調べた電車の駅へ徒歩で向かう。

この辺なはず・・・の場所に駅がない。焦る師匠、同じく焦る私。

きょろきょろしていると向こうから学生のような人がこちらへ走り寄って来た。

「すみません。万葉線ですよね?」

「あっ・・・はい。高岡方面に行きたいんですけど・・・駅は・・・」

「あ、駅はここなんですけれど、今日はレールの交換工事を行っていましてこの区間は電車がないんです。」

「えっ・・・」電車がない?&あなた・・・・・・・駅員さんだったのね・・・・。すごい若いけど。

「代替バスを出しているので、電車の動いている最寄駅までお連れします。」とのことで

案内された道端のカラーコーンの前で待つ。
c0232252_1137241.jpg

表情をお見せ出来ないのが残念。まさかのレール交換工事!切な気に記念撮影。(笑)






c0232252_11391383.jpg

撮影セットのような小さな駅にバスで到着。タイムスリップしたみたい。ここから乗車できる。良かった。






c0232252_1142468.jpg

無事、万葉線に乗車。二両編成のバスみたいな電車。ハプニングも旅の思い出。(笑)





c0232252_11444188.jpg

高岡駅で下車。土蔵造りの町並みが見られるということで街中を少し散歩。







c0232252_1146222.jpg

こんな風に歴史を感じる家がいくつも並んでいる。







c0232252_11471772.jpg

高岡大仏。日本三大大仏と書いてあったけれど、後々調べたら自称しているだけで実は違うみたい(笑)







c0232252_11493473.jpg

だいぶ歩いたので休憩がてら良さげなカフェを見つけて入ってみた。地元のおばあちゃんが通っている。
いい感じのお店。






c0232252_11511724.jpg

黒蜜きなこトーストのセット。疲れた体にしみた。さっくり厚めのトーストにバター、黒蜜、きなこたっぷり。
卒倒する美味しさ。旅のしめくくりにふさわしい味だった。

これと言って観光の目玉がないのであまり人気がないと聞いた富山だったけれど、

ずっと行ってみたいところだったのでいろいろと大満足。

なにより、行く先々で出会う地元の人が優しくて温かかったのが印象的だった。


富山旅。長かったけれど。これでおしまい。
[PR]
by zakkanobrass | 2015-10-19 15:15 | ヘナチョコ日記(日々徒然) | Comments(0)

富山旅 備忘録⑤

c0232252_936651.jpg

「日本一美しいスタバ」を遠くから眺めていたけれど

微妙な時間帯だし奇跡的に席が空いるかもしれない。ということになり行ってみた。

店の手前で「はい、終了ーーー」(笑)

やはり満席。日本一美しくないスタバでも入れないことが多いので納得。

ということでベンチで夜の作戦会議続行。

昨晩の店では師匠がずっと食べたかった「幻魚(げんげ)」が入荷していなかった。

なので、今晩は「幻魚」を食べることを第一目的に夕食ハントすることに決定。

昨晩、あたりを付けた店、何軒かを含め、そのままハントに出かけた。





c0232252_9505559.jpg

これが幻魚の天ぷら。入店と同時に師匠がしっかり入荷を確認。(笑)身を天ぷらにしてあり、頭と中骨は骨せんべいになっている。 初めて食べた!!!師匠的には「ちょっとくせがある」ということだったけれど、ふっくらとした身でなかなか美味しかった。







c0232252_956345.jpg

骨せんべいだけ見ると怖っっ!でもこれも美味だった。







c0232252_9571468.jpg

夕飯後、そのまま「日本一美しいスタバ」リベンジ。(笑)夜はライトアップされて昼間とは違った雰囲気。






c0232252_958889.jpg

席確保成功!ほろ酔いを気持良い夜風とおいしいコーヒーで冷ます。これ最高。







c0232252_9594949.jpg

で・・・部屋に帰ってお待ちかねのこのお方・・・。







c0232252_100292.jpg

テーブルは椅子。(笑)部屋にあるもので特製バーを作り部屋飲み。(笑)こういう気取らない感じがいい。初日はほんのり炭酸を感じるシャープな味わいだったけれど、2日目のワインは味がまろやかになっていてまた違った味を楽しめた。


トレッキングのあと、一度もホテルに戻らず行動していたのでワインが効いた。(笑)

睡魔に襲われるも、2人とも気合を入れて大浴場へ行ってサッパリしてから就寝。


つづきはまた今度。
[PR]
by zakkanobrass | 2015-10-16 15:00 | ヘナチョコ日記(日々徒然) | Comments(2)

富山旅 備忘録④

ワインを一杯だけにして正解!(笑)

それなりに早起きして、しっかり朝食も頂いてトレッキングに出発した2日目。

立山連峰は有名すぎる山々なので、そこそこ早めに出なくては!

って・・・ホテルを出たらいきなりの小雨~。

まあ・・・我々の山歩きに雨はけっこうあること。(笑)




c0232252_13272532.jpg

電車に乗り込むと睡魔に襲われた私。師匠はしっかり車窓からの景色を撮影していたようです。(笑)






c0232252_13322657.jpg

すごい眺め!雨だけど(笑)






c0232252_13325718.jpg

立山に到着。やはり山目的の人だらけ。(笑)しかも本格的な人ばかり。





c0232252_13362998.jpg

お次はケーブルカーで目的地の美女平を目指す。





c0232252_13391654.jpg

すごい傾斜を上がる。





c0232252_13395674.jpg

下りとすれ違う。冬はスキー客で賑わうそう。





c0232252_13404952.jpg

美女平に到着。みんなはここからまた先へ行くけれど、我々はここが目的地。





c0232252_13413940.jpg

山歩きスタート地点でいつもの記念撮影。ここは鳥が多いそうで・・・師匠も鳥イメージ。(笑)





c0232252_13474739.jpg

雨が上がってしっとりとした山の中。





c0232252_1441488.jpg

久しぶりの山歩きが富山県とはなかなか贅沢。





c0232252_1484458.jpg

ゆっくり、空気を味わう。今回、ザックもパンツも靴も身に付けてきたもの。(笑)ザックは中身をホテルに置いて、トレッキングに必要なものを詰めただけ。(笑)パンツと靴はプチアウトドア仕様。初日から履いているもの。荷物を少なくするための工夫。






c0232252_1418351.jpg

水分の豊富な山なのだろう。シダ植物っぽいものが多かった。






c0232252_1420428.jpg

なめてかかると意外と普通に山登りっぽい場所もある。(笑)





c0232252_14223458.jpg

無事、山歩きを終えて立山に戻り「あおきさん」でラーメン昼食&休憩。木村大作さんのサインがあった。(笑)
剱岳の撮影時に立ち寄ったのかな・・・。





c0232252_1432030.jpg

立山から富山へ帰る車窓の景色。すっかり晴れた(笑)同じ景色でも行きとは全く違って見える。





c0232252_14331032.jpg

富山も実は米どころ。至るところにこういう風景がある。




c0232252_14543471.jpg

稲刈りが終わったところも・・・。




c0232252_14544960.jpg

そして・・・無事富山に到着し、「日本一美しいスタバ」のある公園に立ち寄ってみることに・・・・。

水辺の広々とした公園内にある。右奥に見えるのがスタバ。別段大きくはないけれどロケーションがいい。

公園に遊びに来ている人々ものんびりしているので、我々もベンチで少し休憩しながら今夜の作戦会議。


つづきはまた今度。
[PR]
by zakkanobrass | 2015-10-15 15:35 | ヘナチョコ日記(日々徒然) | Comments(0)

富山旅 備忘録③

ワイナリーをあとにして、1日目の観光はおしまい。

富山市内に戻るとすっかり夜。車を返却したらホテルにチェックイン。

お楽しみの夕食ハントに参ります!(食事はつけていませんでしたので)

あ・・・ちなみにランチの鱒寿司は色気なく、広ーいコンビニの駐車場にて車をとめ

車内でモリモリ頂きましたゆえ・・・写真はなし。(笑)

天然のサクラマスで作った鱒寿司はほどよい脂が乗っていて

レアな食感も残っており大変美味でございました。ご報告まで・・・。

では、お写真に参りましょう。







c0232252_1144611.jpg

て・・・え?(笑)いきなり食べかけ記録写真?(笑)はい。ごめんなさいね。
夕食ハントで師匠が見つけた地元密着の飲み屋さんで頼んだ前半の品でございます。

お店オリジナルの煮込み。富山と言えばの「沖漬け」「白エビのお刺身」をまず頼みました。

オリジナルの煮込みは魚介を押さえてトップにくるぐらい美味しくて(笑)白いご飯が欲しかった!

沖漬けはもう瓶詰めとはやはり全く別物。瓶詰でも美味しいと思っていたけど

味付けも濃すぎず、あっさり目。なによりホタルイカの身がプリプリ丸々としている!

本当にお酒が進むし、またご飯が欲しくなったなー。

で、白エビですけども・・・甘海老と何が違うんだ?と思ったら全然違いました。

甘海老よりえぐみがない。上品なお味。その姿に恥じない旨さでしたな。うん。

と・・・まあ、これらを皮切りに後半戦にもいろいろ食べて飲んだのだけれど。

全く写真なし。(笑)

そして、この店大当たり!値段も味もふぁびゅらす!地元密着は素晴らしい!

お得に美味しい物を沢山食べられ満足してホテルに戻りました。

大浴場でさっぱりしたら・・・・






c0232252_11414331.jpg

部屋でワイナリーで購入したワインを一杯ずつ味見。(笑)しっかり飲みたいけど明日は山だからね。




c0232252_1142833.jpg

おしゃれなコルクに、おしゃれなラベル、おしゃれな味でした。いや、美味しかったぞ!明日の夜はしっかり飲もう!





c0232252_11585215.jpg

ちゃんと起きました。2日目の朝。トレッキングの準備OK!これから立山に参りますぞ!

続きはまた今度。
[PR]
by zakkanobrass | 2015-10-14 15:15 | ヘナチョコ日記(日々徒然) | Comments(0)

富山旅 備忘録②

富山旅、備忘録②でございます。

和紙すき体験をしましたら、一気に反対方面へ参りました。

氷見方面へブーーーンと。目的は「SAYS FARM」という氷見のワイナリーでございます。


c0232252_9572941.jpg

そして、寄り道。(笑)ワイナリーのカフェがオープンするまでだいぶ時間があるので「番屋街」という道の駅のデラックスバージョンのような施設をプラプラし展望デッキで日本海を眺める。






c0232252_1004574.jpg

で・・・さらに時間がまだまだありそうなので、公園のようなところで車を停めて再び日本海を眺める。





c0232252_101153.jpg

そして・・・・目的のワイナリーに到着。ワイナリーのブドウ畑を初めて見てちょっと衝撃。理路整然とならぶブドウの木が美しすぎる!





c0232252_103336.jpg

小高い丘の上にあるとても素敵なワイナリー。お目当てのカフェ&ショップがこちら。ワクワクする。





c0232252_1042063.jpg

で・・・・まだカフェオープンの時間にならないので、眺めの良いパラソルの下で日本海を撮影してしばし待つ。






c0232252_10114087.jpg

すごい眺め!ここでハンモック出して昼寝したい!と師匠と盛り上がりながらさらに待つ。







c0232252_10124098.jpg

ようやくカフェに入り真剣にメニューを見る!!それにしても、すばらしい空間だっ!






c0232252_9274792.jpg

林檎のタルトとコーヒー。どちらももちろん、ここの手作りです。実はちゃっかりショップでワインも購入済み。






c0232252_10152041.jpg

帰る前、名残惜しそうに丘から撮影する師匠。う~ん・・・いい眺めだ!下の小屋に山羊さんもいました。






c0232252_10161262.jpg

ワイナリー、さようなら~!また来るよ!!今度はランチを予約する!もしくはこのワイナリーの宿泊施設に泊まりたいぞ!


つづきはまた今度。
[PR]
by zakkanobrass | 2015-10-13 15:40 | ヘナチョコ日記(日々徒然) | Comments(2)

富山旅 備忘録

自分の写真で少しだけ振り返ってしまったけれども(笑)

師匠の写真データをもらったのでぼちぼち写真で振り返っていくことにします。


c0232252_13581174.jpg

旅のスタートは早朝、鱒の寿司「関野屋」さんから。こじんまりとした佇まい。





c0232252_13591043.jpg

お昼に食べられるようにきつめに押したものを作ってくれるお母さん。写真撮影も笑顔でOKしてくれました。





c0232252_1402099.jpg

慣れた手つきであっという間に出来上がる。見事!!





c0232252_13562044.jpg

鱒寿司を買って五箇山へ。合掌造りの集落にコスモスと黄金色の稲がそれはそれは美しかった。





c0232252_1433473.jpg

村人になったつもりで?1枚。(笑)





c0232252_144385.jpg

集落の中で和紙すき体験。詳しい説明もなくいきなりスタートに若干焦る。(笑)






c0232252_1465687.jpg

なんとか一人で適当にやってみた(笑)






c0232252_1473380.jpg

ら・・・・すごく分厚く出来上がったらしい。(笑)「これは分厚いなーーー」と笑われる。





c0232252_1483438.jpg

とりあえず・・・・こんな感じで・・・なんとかなった。





c0232252_14102253.jpg

師匠ずるい!先行不利だと知っていて、よーく観察していたらしい。要領よくやっている!(笑)






c0232252_14133144.jpg

もみじを2枚飾りつけて完成よ~♪とちょっとお姉っぽい師匠。





c0232252_141446100.jpg

すいた和紙に好きな飾りつけをする。その上から職人さんがすいたうすーーーい和紙を重ねてくれて終了。
水分を吸い取ってくれる機械にかけたあと、乾燥機の上に和紙をおいて10分ほどで持ち帰れます。

面白かったけど、いきなりすぎて要領を得なかったなー(笑)

と思った和紙すき体験でした。

旅の続きはまた今度。
[PR]
by zakkanobrass | 2015-10-09 15:00 | ヘナチョコ日記(日々徒然) | Comments(0)

旅記事の前に(笑)

私は旅行に行くとあまり写真撮影をしません。

ですから旅の写真はほぼ師匠任せ。

記録として撮影はするけれど、カメラを取り出す回数は本当に少ないです。

だからカメラを持って行くのをやめようと思う時も多いのですが

携帯電話のカメラで撮影するのはどうも気が進まないので

出番は少ないし、古いタイプなので重たいけれどコンパクトデジカメは一応持ちます。(笑)

気が向くと沢山写真を撮影する時もありますが、まあ、ほとんどないですね。

今回も旅の流れを語るには写真がなさ過ぎて心もとないので

後日、師匠からデータをもらってのんびりアップしようと思います。

ということで、今日は「旅のお風呂セット」を撮影しておいたのでその解説を。(笑)

ていうか・・・・本当にどうでもいい写真と記事。





c0232252_13483970.jpg

1. ちょっと深目のクリームケース。カットした固形石鹸を入れています。顔、体用。
2. HABAのスクワランオイル。保湿用、一番小さなボトルをそのまま持参。
3. 12mlのケースに詰め替えたシャンプー。コンディショナーのいらないタイプ。
4. コンタクトケースの中身は保湿クリーム。今回はLRとも同じものを入れて持参。
5. ガーゼのハンカチ。体や顔洗い用。

これらをハガキサイズぐらいのチャックバックに収納してお風呂セットにしています。
意図していなかったけど、これほぼ原寸ですね。ちょっと写真のが大きいぐらい。(笑)

最近、この仕様に落ち着いてきて超コンパクト。(笑)2泊3日分。

このセットとホテルで用意されているタオル類をエコバックに入れたらお風呂へレッツゴー!

完璧です。ちなみに洗い場に持ち込むのは1と3と5だけ。(笑)

お風呂から上がったら2と4で保湿。

メイク用品とお風呂セットを以前は別で用意していましたが

最近は吊るして使えるメイクポーチのようなものに、両方収納しています。

洗面所に吊るして置けば必要な時に必要なものをそのポーチからピックアップ出来て便利な上に

収納もひとつになって一石二鳥!

という・・・本当にどうでもいい話しでした。
[PR]
by zakkanobrass | 2015-10-05 15:30 | ヘナチョコ日記(日々徒然) | Comments(2)

台東区小島の小さな雑貨店


by zakkanobrass
プロフィールを見る
画像一覧